ハマの海岸沿いで

ベイファンがあれやこれやを書き連ねる

守り神が主役に

昨日は今永の好投もむなしく*1、逆王手をかけられたベイスターズ。今日勝たないとファイナルには進めません(後述の通り引き分けでもダメ)。

1勝1敗で迎えたCS1stステージ第3戦。両者ともに負けられない戦いは、石田・内海の両左腕の投げ合いで始まりました。

初回、2番梶谷が左手に死球を受け、負傷交代。攻撃型2番として機能していただけに、不安が残りました。その不安を払拭するかのように、続くロペスがレフトスタンド、青く染まった一角に運びました。その後はチャンスを作るも生かしきれず。

石田の立ち上がり、2アウトを取った後3番村田にヒットを許し、4番阿部。こちらはオレンジに染まるライトスタンドへ。試合を振り出しに戻す痛い一発を食らいました。

2回。1アウトからピッチャー石田がヒット、1番に戻って桑原も2塁打。ここでバッターは梶谷の代走からライトに入った関根。外野へきっちり運び犠牲フライ。再び1点を勝ち越します。

4回。先頭村田の膝にぶつけてしまいました。村田は起き上がれず担架で運ばれるも、治療の後1塁上に戻ってきました。1アウト後長野に2ベースを許しましたが、その後の攻撃を断ち切りました。

5回。石田は怖い坂本も含めて3者連続三振。勝ち投手の権利を手にします。

6回。先ほど膝にデッドボールを受けた村田。低い球をすくい上げられ、左中間への同点弾。ここで石田は降板。砂田にマウンドを託します。この砂田が良い働きをしました。8回1アウトまで、2回を3奪三振、パーフェクトに抑えます。

早々と内海を引きずり下ろしましたが、第二先発といった感じだったのでしょうか、7回まで大竹のピッチングに苦しめられます。

大きなチャンスがあったのは8回。大竹に代わって山口から先頭筒香がセカンドへの内野安打、暴投の後宮﨑が四球で打席には倉本。バントはあまり上手くないイメージでしたが、その通り2ストライクになり、ヒッティングに切り替えた結果併殺打。終盤の1点を争う場面で悔いの残る攻撃となりました。

9回の攻撃。マシソンの前に3者連続三振。3連投で、昨日は2イニングを投げていてなおも疲れを見せない、敵ながらあっぱれのピッチングでした。

その裏。マウンドには田中が上がります。先頭村田が出塁すると、すかさず代走のスペシャリスト・鈴木が送られます。こいつが厄介な存在で、盗塁でもされようものなら単打で確実に返されます。警戒すべき場面で田中が牽制球。見事に逆を突きました。傾きかけた流れを取り戻す大きなプレーが生まれました。両者譲らず、延長戦に突入します。

延長戦は通常通り12回まで行われますが、引き分けでも再試合は行われず、3戦目を終えて対戦成績が同じ場合は、上位チームがファイナルステージに進むことになります。つまり、12回表が終了した時点で同点ならば、その瞬間に敗退が決定します。

10回表、マウンドには初戦で2点を失った澤村。3,4,5番という打順でしたが3人で片づけられます。その裏は田中が続投、こちらも三者凡退。

11回表。先頭倉本がピッチャー強襲の内野安打。澤村は緊急降板、田原に交代します。エリアンが送って打席には途中からマスクをかぶる嶺井。初球を捉えると、打球はレフトのフェンスを直撃。伏兵の貴重な勝ち越しタイムリーで再びリードを奪います。

その裏は、守護神・山﨑が大声援に迎えられマウンドへ。1アウトから坂本にヒット*2を許し、こちらも途中出場の橋本。バントした球はファールフライに。またまた勝敗を分けるポイントとなりました。代打堂上に四球を与えるも、阿部の大きな当たりはフェンス手前で失速し、ライトの関根がキャッチ。4-3、延長11回、4時間21分の熱闘を制し、ベイスターズが広島行きの切符を手にしました。

今日の戦いぶりをもう一度振り返ってみると、大きかったのはやはり救援陣の踏ん張りでしょうかね。砂田に三上がパーフェクト、田中は先述の牽制球でチームを助け、最後は山﨑が劇場締めくくり。須田が不在の中、全員でその穴を埋めました。

そして決勝タイムリーの嶺井。実は私、14年6月21日の西武戦、初安打となるサヨナラタイムリスリーベース*3を現地で見ていまして、その頃から勝負強いバッターになってくれると信じていました。15年の初ホームランも現地で見ていました。そして今年、新たに応援歌もでき、更なる期待の中でしたが、戸柱というベテラン新人の台頭、2番手捕手の髙城に出番を奪われ、横須賀での生活が多くなっていました。そんな嶺井がポストシーズン、3人目の捕手として呼ばれ、今日のような結果を残したことは、感涙に値します。

3試合とも接戦で、頂上決戦にふさわしい激闘でした。広島でも熱い試合を繰り広げ、胸を張って横浜に帰ってこれるように応援しています。

季節はすっかり秋ですが、まだ「横浜の」野球を見ることのできる喜びを感じています。少しでも長くシーズンが続くように、最後まで全力でぶつかってきてください!

こんな時に限ってなんで新聞が休みなんだ…

それでは。

*1:開幕当初からのムエンゴ病が再発したか

*2:シングルなら仕方ないか。またサイレントホームランとかじゃなくてよかった

*3:サヨナラのホームを踏んだのは金城。横浜で引退してほしかった