ハマの海岸沿いで

ベイファンがあれやこれやを書き連ねる

新たな歴史

前回更新から結構空いてしまいましたね。

いろいろと書きたいことはありますが、とりあえずは今日のことを。

ハマスタBAYビアガーデンでのパブリックビューイングに行ってまいりました。

都内某所で雨に打たれつつ用を終えた後、関内へ直行。プレイボールとほぼ同時に到着しました。

先発投手は井納とマイコラス。初回に先制を許すも、最少失点にとどめました。

すると3回、梶谷*1がバックスクリーンの右に叩き込む同点ソロ。その裏もピンチを作りましたが、連続三振もあってこの回は無失点。

5回裏、2死1・3塁で阿部の当たりは打ち取ったかのように思えましたが、引っ張り警戒のシフトが裏目に。1点ビハインドで後半を迎えます。

6回、1番からの好打順もあっさり2アウト。しかしここからが今年の打線の強み。3番ロペスがヒットで出塁すると、打席にはここまで元気のない4番筒香。カウント3-1とボール先行で勝負を避けられても仕方ない場面で、甘く入ってきました。打球が飛び込んだライトスタンドを沈黙させる逆転2ラン。東京ドームの3塁側は総立ち、横浜公園もお祭り騒ぎでした。

井納は7回の攻撃を三者凡退に抑え、役目を終えます。

続く8回、事件がありました。田中が先頭阿部に2ベースを許しながら、その後2者連続三振に打ち取り、マウンドを三上に譲ります。その三上が投球練習を終えた直後でした。

2塁に牽制球を送り代走吉川にタッチしましたが、2塁の塁審はセーフともアウトとも判定せず。よそ見をしているように見えました。球審は明らかにプレイをかけていました。ラミレス監督の抗議も実らず。意見書を提出する可能性も考えられます。

9回表、マウンドにはマッスルミュージカル澤村。先頭ロペスは高めのボール球を叩いて青く染まったレフトスタンド*2へのホームラン。さらに満塁のチャンスを作り大洋戦士戸柱。ベテランらしい仕事レフトへの犠牲フライでさらに突き放します。

その裏。もちろん守護神山﨑が登板します。下位打線2人を切って取り、首位打者坂本との対戦。カメラも追いきれない、サイレントホームランというものでした。

続く亀井に四球を与えるも、乙女村田がセカンドゴロ、ゲームセット。5-3、ベイスターズが初戦をものにしました。

短期決戦では先手必勝と言われます。見事な逆転劇で掴んだ白星。この勢いのまま突き進み、下剋上を果たしましょう!

そして、チケットがなくても一体となって応援できるスペースを確保していただいた球団関係者の皆さん、ありがとうございました。

それにしても、現地のベイスターズファンの比率がかなり高いように感じられました。ドームの3塁側にぎっしり入るなんて、ちょっと前までは考えられませんでしたねぇ。

では、また。

*1:今回のタイトルは梶谷の応援歌の頭より拝借しました

*2:読売さんレフトのビジター応援席もっと増やしてくださいお願いします